top of page
検索

【WEB広告に対する意識調査】みんな意外と広告が嫌いじゃない?



こんにちは、アサヒコミュニケーションズです。


SNSや動画サイトで見かける「ネット広告」に対してどのように感じますか?

うっとおしいと感じながらも、つい見てしまう…

はたまた、商品購入にまで至ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は、「WEB広告に対する意識調査」についてお伝えします。



51.7%の人が「WEB広告にポジティブな印象」

 「日常生活で表示される、WEB広告にたいして、どのような印象を持ちますか?」と質問したところ、「ポジティブ」が16.9%、「どちらかというとポジティブ」が34.8%、「どちらかというとネガティブ」が20.3%、「ネガティブ」が10.9%、「わからない/興味がない」が17.1%という回答になりました。



WEB広告にポジティブな印象を持つ理由第1位は「新商品やサービスの発見ができるため」

Web広告に対して「ポジティブ/どちらかというとポジティブ」と回答した方に、「WEB広告に対してポジティブな印象をもつ理由を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、上位から「新商品やサービスの発見ができるため」が58.2%、「自身の趣味や興味にあう広告がくると嬉しいため」が49.1%、「目を引く画像や動画、面白い内容の広告は見ていて楽しいため」が39.2%という結果になりました。



つい見てしまうWEB広告の要素第1位は「特典やキャンペーン情報」

「ついつい見てしまうWEB広告に含まれる要素について教えてください(複数回答可)」という質問に対しては、上位から「特典やキャンペーン情報」が43.5%、「面白いキャッチコピー」が40.8%、つづいて「有名人やインフルエンサー」が36.0%という結果になりました。



SNSユーザーの約半数が自分の興味関心にある広告であれば「必要」と回答

 

「自分の興味関心にある広告であれば必要だと思いますか?」という質問に対して、「必要だと思う」が45.9%、「必要ではない」が26.1%、つづいて「どちらでもない」が28.0%という結果になりました。


日常生活におけるWEB広告に対して約半数は前向きなイメージを持っていることが分かりました。

また、消費者が注目するWEB広告の要素としては、「特典やキャンペーン情報」「面白いキャッチコピー」「有名人やインフルエンサー」が上位を占めていて、自分の興味関心に合う広告に対しては、半数弱の方が必要と感じているようです。新しい技術やトレンドに敏感な消費者にとっては、関連する広告から有益な情報を得ていると考えられます。



アサヒコミュニケーションズでは集客・販促・売上UPなど様々なご相談にお答えします!

ぜひ、お気軽にご相談ください!


 







Comentarios


All Post    マーケティング    リサーチ    Web    BreakTime

bottom of page