top of page
検索

知っておきたいトレンドワード「マルチハビテーション」とは




こんにちは、アサヒコミュニケーションズです。


世界が繋がり、働き方が多様化する現代において、「マルチハビテーション」という生活スタイルが注目を集めています。複数の場所に住居を持ち、時には都市で、時には田舎で、また別の時には海外で生活する。このようなライフスタイルが、なぜ多くの人々に選ばれ、どのような魅力があるのかを探ってみましょう。


今回は、「マルチハビテーション」についてお伝えします。



マルチハビテーション(多拠点生活)とは

 マルチハビテーションは、個人や家族が異なる地理的場所に複数の住居を持ち、それぞれの場所で時期や目的に応じた生活を送るライフスタイルを指します。このスタイルは、仕事やプライベートでの柔軟性を追求する現代人にとって魅力的な選択肢となっています。リモートワークの普及やデジタルテクノロジーの進化により、場所に縛られずに働くことが可能になったことが大きな要因です。都市部の住居とは別に、リゾート地や郊外、さらには異国にセカンドハウスを持ち、休暇を利用して移動する、あるいは季節に応じて居住地を変えることで、多様な自然環境や文化を体験できるのが大きな魅力です。

政府が新しい働き方として推奨しているワーケーションも、マルチハビテーションの一つです。



マルチハビテーション注目の背景

マルチハビテーションの背景には、以下のような要因があります。


職業的な柔軟性

リモートワークやフリーランスの働き方が普及し、仕事のために一箇所に固定される必要がなくなったため、異なる場所に住む選択肢が広がりました。


経済的な能力

経済的に余裕がある人々は、休暇用の別荘を持つ、都市部と郊外(または別の国)での生活を組み合わせるなど、多様なライフスタイルを追求できます。


ライフスタイルの追求

季節に応じて住む場所を変えたり、趣味や興味に合わせて異なる文化や環境での生活を楽しむために、マルチハビテーションを選ぶ人もいます。


家族や教育のニーズ

子供の教育や家族の健康など、特定のニーズを満たすために複数の場所に住む選択をするケースもあります。


災害リスクの分散

自然災害やその他の緊急事態に備えて、リスクを分散させる意味で複数の住居を持つことも考えられます。



マルチハビテーションは、単に複数の住宅を持つこと以上の意味を持ち、個人のライフスタイルや価値観、働き方の多様性を反映しています。しかし、このライフスタイルを実現するためには、経済的な資源、時間の管理、場所間の移動に関する計画など、考慮すべき多くの要素があります。



マルチハビテーション(多拠点生活)のトレンド

 ADDress -全国どこでも住み放題の居住サブスク-

出典:ADDress


 ADDressは、日本各地に広がる深刻な空き家問題を解決する住まいのサブスクサービスです。

多拠点居住という新しいライフスタイルを提案する事で、全国の空き家問題を解決。

初月4,800円から全国に数百か所以上あるADDressの家に住むことができ、どの家・どの部屋を選んでも月額は変わりません。都心の家や地方の家、個室やドミトリーなど様々な種類の家や部屋があるので、自分の生活スタイルに合った家を選ぶことが出来ます。初期費用や光熱費はすべて込みでWi-Fi、家具家電も完備されていることも魅力の一つです。



MUJI HUT(無印良品) -気に入った場所に暮らす低価格の家-

出典:無印良品

 

 MUJI HUT(無印良品ハット)は、日本の小売企業である無印良品が提案する小規模な住居のコンセプトです。このプロジェクトは、シンプルで機能的、かつ自然と調和するデザインが特徴で、限られた空間を最大限に活用し、快適で持続可能なライフスタイルを提供することを目的としています。無印良品は、生活用品から衣服、食品まで幅広い商品を提供している会社であり、MUJI HUTもそのシンプルでミニマルなデザイン哲学を反映しています。


 マルチハビテーションは、現代の技術と社会の変化が生んだ新しいライフスタイルです。自由に働き、多様な生活を送ることのできるこのスタイルは、多くの人々に新たな可能性を提供しています。

しかし、その実現には計画と準備が必要であり、自分にとって最適な生活様式を見つけるための一つの選択肢と考えることができるでしょう。



アサヒコミュニケーションズでは集客・販促・売上UPなど様々なご相談にお答えします!

ぜひ、お気軽にご相談ください!


 







Comentarios


All Post    マーケティング    リサーチ    Web    BreakTime

bottom of page