検索

今後のビジネスでも影響大! 注目される「ESG」とは?




こんにちは、アサヒコミュニケーションズです。

最近では、企業経営において「ESG」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

「SDGs」は何となく分かるけど…「ESG」って?


今日は「ESG」という用語のほかにも「ESG投資」についてや、企業が実際にどのようにESGに取り組んでいるのかをご紹介しようと思います。



ESGとは? SDGsとの違いは?

Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」のそれぞれの頭文字で、

これら3つは具体的に以下のようなこと指しています。

ESGとは、企業が長期的に成長するためには、経営においてESGの3つの観点が必要だという考え方です。



ESGに似た言葉として「SDGs」があります。これらはESGとどのような違いがあるのでしょうか?


SDGs とは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、17のゴールと169のターゲットで構成されています。



つまり、「企業がESGに配慮した経営をすることで、SDGs 達成に貢献できる」と言えるのです。



ESG投資とは?

ESG投資とは、ESGの3つの観点から企業の将来性などを評価・分析したうえで、どの企業に投資するかを選択する方法のことを指します。

従来は、その企業の業績や財務情報などを基準に投資先を選択することが一般的でした。

しかし、近年になってそれらの基準だけでは投資先を判断するには不十分なのではないかという考えが広まっています。そうした中で、新たな判断基準として「ESG」という非財産情報が評価されるようになってきているのです。

出典元:野村アセットマネジメント


環境や社会に配慮したビジネスを実施し、ガバナンスにも優れた企業は、「ESG課題の解決」という社会の要請に応える技術やサービスを提供することができ、結果として企業価値の向上につながる可能性が高まると考えられます。

また、ESG課題に取り組むことにより、環境・社会問題や不祥事のリスクが低減されることが期待されます。



ESGへの企業の取り組み事例

KDDI株式会社

URL:https://www.kddi.com/corporate/ir/ir-library/annual-report/2018-selected/esg/


KDDI株式会社は、「ステークホルダーの評価や意思決定への影響」という視点と、「自社が社会・環境・経済に与えるインパクト」という2つの視点をもとに、人権やエネルギー資源、人材の多様性などといった6つの項目を定め、それぞれに詳細な数値目標を設けています。



キリンホールディングス株式会社

URL:https://www.kirinholdings.com/jp/impact/


キリンホールディングス株式会社は、長期経営目標を達成するための指針としてCSV(Created Shared Value:共通価値の創造)パーパスを策定しています。

そしてそのうえで、「酒類メーカーの責任」として、アルコール関連問題に取り組むほか、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」の3つの社会問題の解決に事業を通じて取り組んでいます。



キヤノンマーケティングジャパン

URL:https://global.canon/ja/ir/esg.html


キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、環境活動として、製品のリサイクルや廃棄物の削減、持続可能な水資源の利用といった活動に取り組むほか、生命の循環について考える「バードブランチプロジェクト」や、楽しみながら環境や生物多様性の大切さを感じさせてくれる「アニマリウム」などといった活動をおこなっています。



ESG導入のポイントは?

■環境問題への取り組み

ESG経営において欠かせない要素が環境問題への取り組みです。温室効果ガスの排出量を抑えているか、再生可能エネルギーや再生資源の利用を進めているか、海洋プラスチックごみ対策を行っているかなどが代表的な課題です。業種に関わらず、地球に負荷をかけたままでは持続可能な経済活動は困難になっています。


■ダイバーシティ

企業の運営において、ダイバーシティに取り組むことも重要課題です。人種や国籍、年齢や性別など多様な人材や考え方、働き方を受け容れて活かすことは、組織の生産性や競争力を高める経営戦略としても認識されています。長時間労働や、正規雇用者と非正規雇用者の明らかな不平等が起きていないかなどの労働環境への配慮も必要です。


■コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスは、上記の環境問題や社会問題に対処するうえで前提となるものです。信頼性を保つため、公正で透明性のある組織の構築が求められます。



さいごに

企業がESGに取り組むことによって環境や社会の課題を解決できれば、SDGsの達成につながります。ESG投資が広がれば、投資を得るために企業は取り組みを強化し、企業にさらなる資金が集まります。そして、ESGに取り組む企業に注目し、その商品やサービスを選ぶのは消費者です。

ESGは、企業と投資家、消費者が一緒になって環境と社会、経済に好循環をもたらすための、重要なキーワードといえるでしょう。



アサヒコミュニケーションズでは集客・販促・売上UPなど様々なご相談にお答えします!

ぜひ、お気軽にご相談ください!


 







All Post    マーケティング    リサーチ    Web    BreakTime