検索

多くの企業が感じる「Webマーケティング」の必要性




こんにちは、アサヒコミュニケーションズです。


新型コロナウイルスの影響により、社員のWebマーケティングスキル向上が急務となった企業は少なくないのではないでしょうか。

どこの企業も、オフラインで出来なくなった営業活動をオンラインに切り替える機会が少なからずあったと思います。

今回は、企業は社員のWebマーケティングスキル向上に向けてどのような取り組みを行っているのか、また、取り組む中でどのようなハードルにぶつかっているのか、Webマーケティングの必要性についての調査をご紹介します。


Webマーケティングの必要性

Webマーケティングとは、Web上で商品やサービスの認知拡大や販売促進を効果的に行うことを指します。もともとマーケティングとは商品やサービスの認知拡大や販売促進をする施策を指しますが、それらをWeb上で行うのがWebマーケティングです。


今現在、インターネットやSNSなどを通して事前に商品やサービスを比較することが当たり前になっています。そのため、まずは商品やサービスをネット上で見つけてもらうことがスタートとなります。

より自社の商品やサービスに適したターゲットを分析して、狙ったターゲットに魅力を感じて貰い、購入につなげるプロセスが重要となっています。


社員のWebマーケティングスキルを必要としている業種と事業規模の傾向



回答者にはさまざまな業種がありましたが『卸売・小売』『通信・インターネット・情報サービス』の割合が比較的高く、従業員数は50人以下が6割超と小規模の企業経営者が多いことが分かりました。


限られた人材で効率良くWebマーケティングを行っていくためにも、社員一人ひとりのWebマーケティングスキルが非常に重要だと考えている経営者が多いようです。

引用元:Webマーケティングの必要性を感じたきっかけは「コロナ禍による影響で売上が下がった」が最多の39.1%


Webマーケティングの内容

一言、Webマーケティングと言っても、具体的には何をすればいいのでしょうか。

Webマーケティングを行う「Webマーケター」の仕事は、自社のWebサイトやショッピングサイトに顧客を誘導し、利用してもらい、売上を上げる仕組みをつくることです。


この仕組みをつくるべくWebマーケターは次の3つの仕事を行います。

1.集客

2.接客

3.リピート


1.「集客」に関わる仕事

集客には、GoogleやYahooの検索の上位を狙うSEOや、短期間で顧客を集めるWeb広告(リスティング広告やディスプレイ広告)、成果に応じて費用を支払うアフィリエイト広告などの施策があります。

こういった施策を組み合わせながら、顧客をWebサイトに誘導していきます。


2.「接客」に関わる仕事

集客の次に行うのが接客です。

接客といっても対面ではなく、Webサイトの中で顧客に対してサービスを説明したり、利用を促すことで購入につなげていきます。

そのためには、顧客の課題を解決するコンテンツを用意したり、読みやすさや分かりやすさを意識したページにしたり、フォーム入力の負荷を減らすなどの工夫が必要です。


3.「リピート」に関わる仕事

一度購入した顧客に対してアプローチをかけリピートを狙います。

リピートを促進するには、顧客に対してメールマガジンを発行したり、LINEなどのアプリを使って顧客とコミュニケーションをとっていく必要があります。


引用元:【1分解説】Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い


Webマーケティングを身に付けてもらうための取り組みの実情

実際に必要性を感じている経営者は、Webマーケティングスキルを身に付けてもらうためにどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。


そこで、「社員にWebマーケティングスキルを身に付けてもらうために、どのような取り組みを行っていますか(行っていましたか)?(複数回答可)」と質問したところ、『社内研修(オフライン)の実施(41.3%)』という回答が最も多く、次いで『社内研修(オンライン)の実施(38.9%)』『外部研修・スクール受講機会の提供(25.1%)』『取り組みは行っていない(行えていない)(21.6%)』『eラーニングによる勉強機会の提供(18.9%)』と続きました。


オフラインまたはオンラインでの社内研修を実施している企業が多い一方で、『取り組みは行っていない(行えていない)』という回答も2割を超え、社員のWebマーケティングスキルを必要としているものの、具体的な行動に移すことができていない企業も決して少なくないようです。



実際、どのようなハードルが立ちはだかり取り組めずにいるのでしょうか。


前の質問で『取り組みは行っていない(行えていない)』を選択した方に、「取り組みを行う場合、どのようなことがハードルとなりますか?(複数回答可)」と質問したところ、『Webマーケティングスキルに関して具体的にどのようなスキルを身に付けるべきか分からない(35.5%)』という回答が最も多く、次いで『研修などの費用捻出(講師派遣を含む)が難しい(33.2%)』『研修などに時間を割くことが難しい(31.8%)』『社内にWebマーケティングスキルを持つ(講師役の)人材がいない(30.9%)』と続きました。


ひと口に「Webマーケティングスキル」といっても、マーケティングの手法は多岐に渡るため、具体的にどのようなスキルを身に付けてもらえば自社の集客・販促に繋がるのかといった最適解が見出だせない経営者が多いようです。


また、最初の質問では、従業員数の少ない企業が社員のWebマーケティングスキルを必要としている傾向が見られたことから、人材や予算が限られる中、日々の業務に加えて研修を行っていく余裕はない企業も多い様子がうかがえます。


社員にWebマーケティングスキルを身に付けてもらいたくても、なかなか思い通りに進まないのが実情のようです。

引用元:Webマーケティングの必要性を感じたきっかけは「コロナ禍による影響で売上が下がった」が最多の39.1%

取り組みの中で感じた課題

一方、実際に取り組みを行っている企業は、社員一人当たりにトータルでどれくらいの費用をかけてWebマーケティングスキルの向上を目指しているのでしょうか。


先ほどの質問で『取り組みは行っていない(行えていない)』以外を選択した方に、「Webマーケティングスキルを身に付けてもらう上で、対象社員一人あたりにかかる費用はいくらくらいですか?※1回あたりや月額などの研修・講習費用ではなく、トータルでの費用(費用見込み)をご回答ください」と質問したところ、『5万円未満(31.6%)』という回答が最も多く、次いで『5万円以上10万円未満(25.6%)』『10万円以上20万円未満(15.7%)』『20万円以上30万円未満(12.0%)』『50万円以上(7.3%)』『30万円以上40万円未満(5.5%)』『40万円以上50万円未満(2.3%)』と続きました。


10万円未満という回答が6割近くにのぼったことから、あまり高額な費用はかけられないという企業が多い様子がうかがえます。


社員のWebマーケティングスキル向上に取り組む中で、課題に直面することはあるのでしょうか。


そこで、「取り組みを行う中で感じている(感じた)課題を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『自社に必要なWebマーケティングスキルを具体化するのが難しい(37.2%)』という回答が最も多く、次いで『スキルが身に付くまで想定よりも期間を要する(33.8%)』『研修などに時間を割くことが難しい(33.5%)』『想定よりも費用がかかる(28.5%)』『実践的なスキルを身に付けてもらうのが難しい(22.9%)』と続きました。


さまざまなWebマーケティングの手法がある中で、具体的にどのスキルが自社に必要なのかを見出すことに課題を感じる経営者が多いようです。


また、日々の業務に追われる中、研修などに時間を割くことが難しく、結果として社員がWebマーケティングスキルを身に付けるまでの期間も想定通りにはいかない様子もうかがえます。


『特に課題は感じていない(感じなかった)』という回答は1.7%に留まったことから、社員のWebマーケティングスキル向上のための取り組みは順風満帆にはいかず、課題が付きまとうのが実情と言えそうです。

引用元:Webマーケティングの必要性を感じたきっかけは「コロナ禍による影響で売上が下がった」が最多の39.1%


社員のWebマーケティングスキルは役に立つ!取り組みによって得られた効果

社員のWebマーケティングスキル向上に取り組む中で課題に直面することも多いことが分かりましたが、それらの課題を解決しながら努力した結果、見えてきた効果ももちろんあるでしょう。


そこで、「取り組みを行っている(行った)ことで、どのような効果が得られましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『新規顧客が増加した(23.3%)』という回答が最も多く、次いで『DX推進に繋がった(22.4%)』『顧客のターゲティングを細分化することができた(19.0%)』『SDGs推進に繋がった(18.2%)』『社員のITリテラシーが向上した(17.3%)』『既存顧客の流出が減少した(16.4%)』と続きました。


社員のWebマーケティングスキルの向上によって、実際に新規顧客の増加に繋がったという企業は多いようです。

また、DX推進やSDGs推進に繋がるなど、これからの企業に求められる動きにも効果を発揮してくれることが分かります。


取り組む中で課題に直面することも多いですが、社員のWebマーケティングスキル向上はさまざまなメリットに繋がると言えそうです。

引用元:Webマーケティングの必要性を感じたきっかけは「コロナ禍による影響で売上が下がった」が最多の39.1%


さいごに

企業が社員にWebマーケティングスキルを身に付けてもらう上で、どのようなハードルや課題に直面しているかがこの調査で分かりました。


自社が必要としている具体的なWebマーケティングスキルが分からず取り組みを実施できずにいる企業も少なくなく、また、取り組みを実施している企業も様々な課題に直面しているようです。

課題が見えているのに解決できずにいるのはもったいないですよね。

私たち、アサヒコミュニケーションズでは皆様の困りごとを自分ごとに変換し、一緒に解決するため、様々な手法やサービスをご用意しております。

Webマーケティングについても専門スキルを持ったスタッフ集客・販促・売上UPなど様々なご相談にお答えします!ぜひ、お気軽にご相談ください!



 

All Post    マーケティング    リサーチ    Web    BreakTime